読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テオ・ヤンセン展に行ってきた

TOY LIFE

f:id:kjaerholm:20110124201638j:image
お台場の日本科学未来館にて開催中のテオ・ヤンセン展〜生命の創造〜。どうしても生で観たかったので足を運んできました。



f:id:kjaerholm:20110124201651j:image
f:id:kjaerholm:20110124201644j:image
f:id:kjaerholm:20110124201647j:image
f:id:kjaerholm:20110124201649j:image
f:id:kjaerholm:20110124201653j:image
基本的に撮影自由なので、ビーチアニマルの姿は撮り放題です。ビーチクイーンだったらもっと嬉しかったんだけども。



f:id:kjaerholm:20110124201639j:image
f:id:kjaerholm:20110124201640j:image
f:id:kjaerholm:20110124201655j:image
f:id:kjaerholm:20110124201657j:image
f:id:kjaerholm:20110124201658j:image
作品に手を触れるのはもちろん禁止ですが、非常に近くまで寄れるので、その構造をじっくりと堪能できます。



f:id:kjaerholm:20110124201641j:image
f:id:kjaerholm:20110124201643j:image
f:id:kjaerholm:20110124201642j:image
この最後のアニマリス・シアメシスは10分程の実演も観ることができます。基本的に風を食べて動くアニマル達なのですが、このシアメシスは風力エネルギーを貯蔵する(=ペットボトルに空気を溜める)ことができるため、無風の室内でも可動できるわけです。ワシャワシャ動く姿は圧巻。思わず「おぉっ・・・」と小さな声をあげてしまいました。その動きはまさに生物。軽く恐怖すら覚えます。ただ蓄えられる空気の量が限られているため、少しの間しか動かなかったのが不満。もう少し広い空間で人工的に風をつくってアニマル達を自由に動かせたら最高なんだけども。



f:id:kjaerholm:20110124201659j:image
屋外で動くアニマルも発見。お兄さんに声をかければ、動かさせてくれますよ。屋内にも同様の体験用ビーチアニマルがあります。やっぱり自分で動かすと感慨も一入なので、テオ・ヤンセン氏に興味のある方は是非体験していただければと。


もちろんお土産を買ってきましたが、未組立です。