読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空海と密教美術展に行ってきた

f:id:kjaerholm:20110908222151j:image
上野の東京国立博物館 平成館で開催されている空海と密教美術展。一昨年度の阿修羅展の盛況ぶりを踏まえ行列覚悟で望みましたが、平日ということもあってかすんなりと入場することができました。中はそこそこ混んでましたけど。そしておばちゃん比率高し。まぁこれはいつものことですが。
本展覧会の見所はやはり「仏像曼荼羅」。国宝の仏像達で曼荼羅を再現しようというお茶目な企画です。というかこの企画を考えた人素敵、太っ腹!飾られていた仏像は↓に一部掲載されています。
http://kukai2011.jp/construction.html
ちなみに展示方法、展示場所は阿修羅像と全く同じでした。360°全方位から仏像を眺めることができるのはやはり素晴らしい。仏師の姿を想像しながら見ることが出来ますから。久しぶりに仏像の造形美を堪能した一日でした。尚、個人的なお勧めは仏像曼荼羅じゃなくこちら。
f:id:kjaerholm:20110908224000j:image
如意輪観音菩薩坐像。構図、ご尊顔、造形がすごく好みでした。というかこの仏像だけ場内で異彩を放っていたというのが正直な印象。真理を悟ったようなゆるりとした姿が目に焼きついています。気だるい姿がちょっとニートっぽいのも魅力。
展示内容のボリュームを考えると、阿修羅展以上に充実した内容だと思います。開催終了が迫っていますので、少しでも気になった方は是非。






そういえば帰り際にやたら思慮深そうなロボに会った。
f:id:kjaerholm:20110908222150j:image
f:id:kjaerholm:20110908222149j:image
学生さんの作品のようだが、良い物造るじゃないか。考える人のようだ。
f:id:kjaerholm:20110908222148j:image