読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REAL HEAD × MIROCK TOY × SKULL TOYS ドクロックスマン2

前回に続きドクロックスマン。2体目はゴールドカラー。

f:id:kjaerholm:20111105210309j:image
f:id:kjaerholm:20111105210247j:image
f:id:kjaerholm:20111105210248j:image
f:id:kjaerholm:20111105210249j:image
ブラックの拭取り塗装と金色塗装が相まって、まるで鋳造されたような雰囲気を漂わせています。



f:id:kjaerholm:20111105210307j:image
f:id:kjaerholm:20111105210308j:image
仏像に見えてくる。



f:id:kjaerholm:20111105210306j:image
こうやって2体並べると、雰囲気が全く異なることが分かりますね。




f:id:kjaerholm:20111105210252j:image
以上、リアルヘッド×ミロクトイ×スカルトイズのドクロックスマンでした。スカルトイズさんのドクロックスをベースにしながら、リアルとデフォルメのちょうど中間に位置するような絶妙な体形に仕上がっています。これもリアルヘッドさんのボディが成せる業でしょうか。
デザイン自体もドクロックスからリニューアルされていますね。頭部はリアルヘッドさんのテイストが混じり、さらに魅力的なデザインになっています。腕部の混沌っぷりがまた素晴らしい。髑髏というより怨念が湧き出しているよう。果たして正義なのか悪なのか。
しかし久しぶりにカラーバリエーションを一度にまとめて購入してしまいました。髑髏がモチーフですから、白ベースのカラーリングははずせないと思っていたのですが、それ以上にゴールドカラーに魅かれてしまったという。繰り返しになりますがその姿は鋳造された仏像のよう。髑髏でありながら神々しい程。痺れる格好良さです。リアルヘッドさんお得意の拭取り塗装が活きていますね。
今回のコラボレーションはリアルヘッドさんの汎用性の高いボディとスカルヘッドさんのデザイン、加えてミロクトイさんの造形がうまくマッチした素晴らしいお仕事だと思います。こうやって互いの魅力が単純に足されるのではなく、掛け合わせによって相乗効果を発揮するのがコラボレーションの本来の醍醐味だよなと改めて実感しました。