読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iluilu(イルイル) 頭脳兵器ゲルツ

f:id:kjaerholm:20120902130407j:plain
イルイルより頭脳兵器ゲルツです。メディコムトイで発売されたバージョンになります。まずはパッケージから紹介。


f:id:kjaerholm:20120902130408j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130410j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130409j:plain
どこか懐かしさを感じさせる、凝ったパッケージになっています。



f:id:kjaerholm:20120902130411j:plain
台紙には頭脳兵器の設計図面が。ワクワクさせられます。



f:id:kjaerholm:20120902130415j:plain
そして本体。オレンジがまぶしい。




f:id:kjaerholm:20120902130416j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130417j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130418j:plain
燻し銀な顔立ち。


f:id:kjaerholm:20120902130546j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130547j:plain
あまり綺麗に写っていませんが、頭部の中も造り込まれています。イルイルさんお得意のラインストーンのようなシールや1枚1枚絵柄の異なるシールが複数はられています。



f:id:kjaerholm:20120902130422j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130548j:plain
頭部を回転させると別の表情にすることも可能。内部に貼られたラインストーンのシールが眼のように光り不気味。



f:id:kjaerholm:20120902130419j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130420j:plain
ボディには燃料を運ぶのであろうチューブが。プラ製インナーシートは表裏で別のデザインになっているようなのですが、傷がつきそうで怖いのでノータッチ。お尻にある突起は肛門でしょうか。


f:id:kjaerholm:20120902130423j:plain
そして付属品のミニミニ人形トキオ。これまでは生みの親であるドクター・ゲルツが付いていたのですが、今回からトキオが参戦。両者の関係が気になりますね。


f:id:kjaerholm:20120902130424j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130425j:plain
確かにミニミニ。




f:id:kjaerholm:20120902130426j:plain
通常のトキオと並べて。





f:id:kjaerholm:20120902130427j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130428j:plain
そしてトキオは搭乗可能。さすが頭脳兵器だ。



f:id:kjaerholm:20120902130431j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130430j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130429j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130432j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130433j:plain
最後にイルイルの製品を並べて(指人形を忘れてますが)。以上、イルイルの頭脳兵器ゲルツでした。期待に違わぬ素晴らしい出来になっていると思います。ちょっぴりレトロでどこか懐かしさを感じさせるデザインとソフビという素材が非常にマッチしており、なんともいえない魅力を放つことに。
また、インナーパーツやミニミニ人形の搭乗ギミック、外部に張り巡らされたチューブなど、ディティールの追求も抜かりありません。加えて、レトロ感とディティールのアップにも繋がっている各種シールも拘りのポイントだと思うのですが、ソフビとの相性を考えるとこちらは評価に迷うところ。でも剥がれないうちは、シール最高ということで。ちなみに、腹部の名前が書かれたシールは予備が付くという心配りも。
製品の発表から心を鷲掴みにされたこのゲルツ、今年1月のスーフェスで買い逃してから半年以上が経過してようやくの入手となりましたので、喜びもひとしおです。脳内の記憶をくすぐるような素晴らしいデザインと、そのデザインをとことんまで活かした高い品質とディティール追求、そして完成されたパッケージと練りこまれたキャラクター設定という、隙が全く無いと言っても過言ではない本製品。是非是非ソフビフリークにも、それ以外の人にもお勧めしたい逸品なのですが、入手難易度が高いのがネックでしょうか。非常に手間がかかっているので、仕方ないとは思いますが、今後もバリエーション展開を続けて欲しいものですね。