読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートストーム EX合金 ブラックゲッター 竜馬モード リペイントver. チェンジングセット

f:id:kjaerholm:20120902130525j:plain
ARTSTORMのEX合金よりブラックゲッター竜馬モードがリペイントver. チェンジングセットとして再販されました。お値段29800円也。凄い価格です。



f:id:kjaerholm:20120902130526j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130527j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130530j:plain
デザイン・原型製作は今は亡き佐藤[ ロボ師 ]拓氏。ゲッターのイメージを残しつつも、大胆且つ格好良くアレンジが施されています。



f:id:kjaerholm:20120902130529j:plain
前のものと比べて、腹部の隙間は狭まったかな。これでもちょっと気になるのですが。




f:id:kjaerholm:20120902130533j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130532j:plain
可動もかなり考えられているのですが、傷がつくのが怖くて動かせません。あと合金比率が高いので重くて重くて。もはや凶器です。


f:id:kjaerholm:20120902130535j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130534j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130536j:plain
ということで旧バージョンと並べて。カラーリングやデザインが微妙に変更されています。特に無駄に重かったマントとか腹部の大きな隙間などが解消されたことは嬉しい。


f:id:kjaerholm:20120902130537j:plain
チェンジングセットということで、ゲッター1ブラックバージョンに変更可能。といっても、写真のものは、旧ブラックゲッターを使っているので、正しい姿じゃありませんので悪しからず。


f:id:kjaerholm:20120902130538j:plain
f:id:kjaerholm:20120902130540j:plain
こっちはこっちで無駄にかっこいい。背中のコイルも際立ちます。



f:id:kjaerholm:20120902130541j:plain
ブラックゲッターリペイントバージョンと並べて。この2体で6万円ですからね。ろくまんえん。



f:id:kjaerholm:20120902130543j:plain
そして同じロボ師のゲッター2と並べようと思ったら、、、塗装部分に激しいひび割れが!これはショックだ。寝込みそうだ。あんまりだぜアートストームさん。



f:id:kjaerholm:20120902130542j:plain
半泣き状態ですが3体並べて(ちなみにゲッター3は無事)。以上、アートストームのブラックゲッター 竜馬モード リペイントver. チェンジングセット でした。
初弾のブラックゲッターは、ホビージャパン誌上限定という販路の狭さ、当時は合金玩具を手がけておらず実力が未知数だったアートストームのメーカーとしての立ち位置、それにも関わらず高額な価格設定であったことから、購入する際非常に悩んだ記憶があります。失礼な言い方になってしまいますが、アートストームさんとしても初めての合金製品だったはずで、会社としての信用度は全く無かったといっても過言ではない状況でした。そのため買う側としては本当に大丈夫?と半信半疑だったんですよ。その後届いた製品は強度や全体のバランスがいまいちでギリギリ及第点といったところでしたが、その圧倒的な存在感から伝説の玩具になってしまったと(個人的には)思っています。
ですから再販を熱望された方も多かったことでしょう。わたし個人としても、品質が改善されるならもう1体欲しかったので、今回のリリースは大変嬉しい知らせでした。
リペイントバージョンということで、カラーリングの若干の変更が行われましたが、ロボ師のデザインを損なうことは無いレベルでしたので、個人的には問題ありません。その格好良さと存在感は変わらずです(使い勝手の非常に悪いスタンドも変わらずでしたが)。また、ゲッター1ブラックバージョンへの換装パーツも、わたしのように2体目の購入となる人間にとっては嬉しい仕様でした。その辺はさすが、よく考えてますアートストームさん。
伝説の玩具は伝説のままでいてほしいという自分勝手な気持ちも少しだけありますが、こうやって素晴らしい玩具が再販されるのは良いことです。今後販売されるであろうゲッタードラゴンにも期待しています。