読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAWS ASTRO BOY (KAWS Ver.)

f:id:kjaerholm:20121215223455j:plain
ORIGINAL FAKEで10月27日にリリースされたASTRO BOY (KAWS Ver.)です。




f:id:kjaerholm:20121215223456j:plain
f:id:kjaerholm:20121215223457j:plain
f:id:kjaerholm:20121215223458j:plain
f:id:kjaerholm:20121215223459j:plain
今回両腕は非可動になりますので、アストロボーイの顔が露になることはありません。




f:id:kjaerholm:20121215223504j:plain
デンボクのアトム大使と並べて。全高約38cmとかなりの大きさ。




f:id:kjaerholm:20121215223501j:plain
f:id:kjaerholm:20121215223500j:plain
哀愁漂う後姿が好き。





f:id:kjaerholm:20121215223505j:plain
KAWSのコンパニオンとピノキオと並べて。




f:id:kjaerholm:20121215223502j:plain
f:id:kjaerholm:20121215223503j:plain
以上、KAWSのASTOROBOYでした。KAWSの鉄腕アトムといえば、NIGOと共同で2003年に開催された、現在のショップ名にもなっているエキシビジョン『オリジナルフェイク』で展示販売されたものが真っ先に浮かびます。このエキシビジョンで展示販売されたアトムはKAWS初めての立体作品とも言われ、石膏製の一点ものでカラーバリエーションは複数あったようですが、ほとんどが主催者のNIGO氏に買い占められたというような話もあり(実際NIGO氏の自宅には複数体確認されてます)、ファンにとっては垂涎の的とも言うべき作品でした。
そのため、改めてこういった形でリリースされるというのは本当に嬉しいことです。今回のアトムはコンパニオンの規格に合わせて作られているため、ASTORO BOY COMPANIONとも言うべき作品なのかもしれません。その独特のポーズはロダンの地獄の門の如く苦悩しながら思索に励む姿なのか、それともヴェルディ川崎に在籍したビスマルクのように神に祈る姿なのか。いずれにせよなかなか趣のある姿になっています。
ちなみに、今回のリリースは8月末のCOMPANION (RESTING PLACE)から二ヶ月程しか間隔が空いておらず、いつにも増してハイペースな印象を受けました。コンパニオンサイズのフィギュアは年に1回出れば良い方だと思ってましたから。特に意味が無ければいいのですが、あの場所であの規模の店舗を運営していくのはなかなかに大変かと思いますので、是非末永く続けていって欲しいなと思っております。