読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

linden 水木しげる 妖怪シリーズ 『ゲゲゲの鬼太郎』 エロモドキ(いやみ)

TOY ソフビ linden

f:id:kjaerholm:20120218013921j:image
ワンダーフェスティバル2012[冬]戦利品第十弾。前回に続きリンデンより、ゲゲゲの鬼太郎に登場したエロモドキです。





f:id:kjaerholm:20120218013922j:image
f:id:kjaerholm:20120218013923j:image
二頭身というより頭から手足が生えた一頭身。




f:id:kjaerholm:20120218013924j:image
土ころびと同じく一つ目。





f:id:kjaerholm:20120218013925j:image
口の塗装も非常に綺麗です。口のしたには性器が。うん、男だ。





f:id:kjaerholm:20120218013929j:image
f:id:kjaerholm:20120218013926j:image
f:id:kjaerholm:20120218013930j:image
両手に加え腰部分が可動するため、かなり遊べます。頭頂部が平らなので逆立ちも。アクティブなやつです。




f:id:kjaerholm:20120218013928j:image
f:id:kjaerholm:20120218013927j:image
以上、リンデンのエロモドキでした。このエロモドキは人間の幸福感を吸い取る妖怪「いやみ」の真の姿。人間体のときは幸福感をイロ気という気体に変え、それを吹きかけた相手を骨抜きにするというセクシーな術を使うくせに、その実態は禿頭というある意味残念な妖怪です。しかしリンデンさんも随分マニアックなところに目をつけたものです。
製品は土ころびと同じく安心の出来、ギャップたっぷりのピンク成型もエロモドキにぴったり。腰の回転軸のおかげでかなり遊べるソフビになっています。


そうそう、もしエロモドキの弱点は人間の男性と同じ場所らしいですよ。もし出会ったらそこを攻めるのがいいでしょう。