読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

threeA Darwin Rothchild -Funeral Party Edition

TOY threeA

f:id:kjaerholm:20120609235341j:image
threeAのWWRシリーズより、 Darwin Rothchild Funeral Party Editionです。ダーウィン・ロスチャイルドは、WWRシリーズに登場するロボット達を生産しているロスチャイルド社の創設者で、自身がそのロボット達の設計者でもあるという設定。



f:id:kjaerholm:20120609235342j:image
f:id:kjaerholm:20120609235343j:image
threeAA限定で発売されたFuneral Party Editionということで、喪に服しているのか全身真っ黒。通常版はワイシャツが白いです。



f:id:kjaerholm:20120609235345j:image
f:id:kjaerholm:20120609235344j:image
グルーヴィジョンズのチャッピーを思わせるシンプルなフェイスと刈上げ。


f:id:kjaerholm:20120609235346j:image
右にはロスチャイルド社のものと思われる腕章。レッドリボン軍に見えなくも無い。

f:id:kjaerholm:20120609235347j:image
ベルトのバックル等、細かいところもしっかりです。

f:id:kjaerholm:20120609235348j:image
ブーツは軟質。





f:id:kjaerholm:20120609235349j:image
手にはBertieの模型と思われるものが。単独でリリースされたDirty Deed in my Pants 12packの色違いですね。そういえばDirty Deedを紹介するのを忘れていた。




f:id:kjaerholm:20120609235352j:image
格闘。




f:id:kjaerholm:20120609235408j:image
同じスケールです。




f:id:kjaerholm:20120609235351j:image
f:id:kjaerholm:20120609235350j:image
以上、threeAのDarwin Rothchildでした。threeAの12インチフィギュアといえばPopbotシリーズの能面のような顔やadventure kartelシリーズのコミック風な顔が一般的なイメージなのですが、このロスチャイルドはどちらにも属さない独特な表情をしています。丸い黒目が無機質でマネキンのような雰囲気を醸し出しており、純粋無垢でありながら底知れない天才、というような印象を受けました。
つくりはthreeAらしからぬシンプルな感じなのですが、素体に合わせて作りこまれたワイシャツとスラックスのタイト感が絶妙。そう、服はデザインも大事ですがそれ以上に重要なのはサイズ感なのですよ。12インチフィギュアのスーツはダボダボでがっかりさせられることが多いのですが、その点threeAはよくわかっている。
ある意味threeAのアイコン的なキャラクターということもあり、納得のクオリティに仕上げてくれて非常に嬉しかったです。挿げ替えボディとして確保しても損は無かったかな。