読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホットトイズ ムービー・マスターピース DX 『ダークナイト ライジング』 バットマン

f:id:kjaerholm:20130103214000j:plain
HOTTOYSのムービーマスターピースシリーズより『ダークナイトライジング』のバットマンです。といっても『ダークナイト』版とデザイン上の変更は無く、純粋なバージョンアップ版に近い製品です。



f:id:kjaerholm:20130103214001j:plain
f:id:kjaerholm:20130103214002j:plain
マントの質感だけでなく長さも上昇しており、地面の埃をぐんぐん吸い取ります。



f:id:kjaerholm:20130103214003j:plain
ボディはラバーと布地のハイブリット素材に変更。すばらしい質感。



f:id:kjaerholm:20130103214005j:plain
旧バージョンのボディの上に、今回新規で作られたブルース・ウェインの頭部をのせてみました。ちなみに本製品はDX版ということで、写真は撮っていない(というか失敗した)のですがバットマンの頭部には眼球可動ギミックがついています。最近は眼球可動ギミックがないと満足しない身体に・・・というのは冗談ですが、やはりこのギミックは大変素晴らしく、玩具好きなら一度は触ってほしいクオリティに仕上がっています。

そしてボディの質感も大幅にアップ。前述の通りラバーと布地、PVCのハイブリット素材となっており、より劇中のスーツの質感に近づいたことに加え、可動範囲も増す結果となっています。

今回大変残念だったのが、頭部(首部)ジョイントの形状が変更になったこと。その関係で、ブルースの頭部を旧ボディに接続させるためには、旧ボディの受け口を削る必要がありました。諸々事情があって形状を変更したのでしょうが、1/6フィギュアはパーツを容易に交換できることがひとつの魅力になっていますから、ジョイントやパーツの規格は可能な限り統一してほしいものです。特にこのバットマンについては、旧ボディを持っている人たちは皆わたしと同じような飾り方を考えていたでしょうから、尚のこと微妙な仕様変更でした。

残念な点もありましたが総合的に見ると圧倒的なクオリティとなっていますので、旧版を持っている人にもお勧めしたい逸品です。