読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミロクトイ × リアルヘッド ドラゴン菩薩(ミロク彩色バージョン)

ミロクトイ TOY リアルヘッド ソフビ

f:id:kjaerholm:20130427230141j:plain
MIROCKTOYとREALHEADのコラボレーション製品であるドラゴン菩薩。今回は初となるミロクトイ彩色バージョンとなります。


f:id:kjaerholm:20130427230142j:plain
f:id:kjaerholm:20130427230143j:plain
ネイビーを主体としたカラーリングです。



f:id:kjaerholm:20130427230144j:plain
f:id:kjaerholm:20130427230145j:plain
f:id:kjaerholm:20130427230146j:plain
落ち着いた雰囲気ながら、丁寧且つ細かく、非常に手の込んだ塗装が施されているのが分かります。



f:id:kjaerholm:20130427230150j:plain
そして今回はストロングアームも付属。右手パーツと付け替え可能です。




f:id:kjaerholm:20130427230147j:plain
f:id:kjaerholm:20130427230148j:plain
f:id:kjaerholm:20130427230149j:plain
通常腕バージョン。



f:id:kjaerholm:20130427230154j:plain
ドラゴン菩薩そろいぶみ。



f:id:kjaerholm:20130427230153j:plain
仏界の守護者達。




f:id:kjaerholm:20130427230151j:plain
f:id:kjaerholm:20130427230152j:plain
以上、ミロクトイ×リアルヘッドのドラゴン菩薩 ミロク彩色バージョンでした。これまでリリースされたドラゴン菩薩は全てリアルヘッドさんによる彩色でしたが、今回は初となるミロクトイさん自身による彩色となります。一見すると落ち着いたシンプルなカラーリングですが、実際には全身に施された拭取り塗装、多彩なスプレーワーク、そして細かな部分塗装と、大変に手間の掛かった豪華な仕上がりになっています。
結果として重厚な存在感を放つに至っており、ドラゴン菩薩というキャラクターがさらに際立つことに。こりゃドラゴン菩薩ファンとしてはたまりません。個人的にはこれまでリリースされたドラゴン菩薩の中でベストです。


さて、今回は初めての製品化となるアスラカオスマンと同時リリースでしたが(わたしのブログのアスラカオスマンはでっち上げです)、ドラゴン菩薩かアスラカオスマンのどちらかのみに抽選応募可能という、公平性に最大限配慮された販売条件だったため、残念ながらアスラカオスマンは未入手です。
ミロクトイさん自身が本業である原型の仕事を抱えていらっしゃるので、なかなか頻繁なリリースは難しいでしょうが、是非今後もドラゴン菩薩やアスラカオスマンの積極展開をお願いしたいところです。また、アスラカオスマンはリアルヘッドさんのバージョンも是非見てみたいなというのが個人的な希望でございます。