読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CURE 汚染ブギーマン  ヘドロver

f:id:kjaerholm:20130914115747j:plain
CUREより汚染BOOGIEMANヘドロver.です。C3限定商品となります。


f:id:kjaerholm:20130914115748j:plain
f:id:kjaerholm:20130914115749j:plain
f:id:kjaerholm:20130914115751j:plain
今回は以前紹介したCURE ブギーマン THE FLY ver.と同じくマジョーラのような塗料が使用されています。光の加減によって異なる色に。



f:id:kjaerholm:20130914115752j:plain
内臓の塗装は比較的シンプルかな。



f:id:kjaerholm:20130914115750j:plain
f:id:kjaerholm:20130914115756j:plain
シンプルと思わせつつ実はかなり手の込んだ塗装。全身を這う管にはスプレーで模様が描かれています。そして腕部には蓄光のインナーパーツが内蔵。


f:id:kjaerholm:20130914115800j:plain
頭部はこんな感じ。抜かり在りません。歯の部分のグラデーションとか本当に凄いです。




f:id:kjaerholm:20130914115757j:plain
DXセットとるため、ブギーマンの手足だけでなく、その手足のインナーパーツまで付属。


f:id:kjaerholm:20130914115758j:plain
f:id:kjaerholm:20130914115801j:plain
ブギーマンTHE FLY ver.との比較。並べてなんぼな素晴らしい組み合わせ。




f:id:kjaerholm:20130914115755j:plain
f:id:kjaerholm:20130914115759j:plain
f:id:kjaerholm:20130914115753j:plain
f:id:kjaerholm:20130914115754j:plain
以上、CUREより汚染BOOGIEMANヘドロバージョンでした。比較的カラフルな彩色が多かった汚染ブギーマンですが、今回は「汚染」という名に相応しい燻し銀な塗装に。その色合いはまさしくヘドロ。油と汚泥が混じったかのように、鈍く怪しい輝きを放っています。マジョーラ塗料というのはヘドロを再現するのにぴったりな材料なんですね。

パッと見ると比較的シンプルな姿なのですが、実はマジョーラだったり、細部に丁寧且つ細かい陰影が付けられていたりと拘り抜かれた製品となっており、満足度は非常に高いです。個人的には汚染ブギーマンの決定版。相変わらずパーツ数や工程数の多さから玩具としては非常に高価なのですが、納得の一品でした。今度は是非マーブル成形のバージョンをお願いしたいところ。