読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランブルモンスターズ Adam Toxin Remix

TOY ソフビ RUMBLEMONSTERS

f:id:kjaerholm:20140309211610j:plain
前回のA-A-Answer Toxin Remixに続き、ランブルモンスターズよりAdam Toxin Remixです。


f:id:kjaerholm:20140309211611j:plain
f:id:kjaerholm:20140309211612j:plain
f:id:kjaerholm:20140309211613j:plain
f:id:kjaerholm:20140309211614j:plain
A-A-Answerと違い、正面は黒成分多め。


f:id:kjaerholm:20140309211621j:plain
f:id:kjaerholm:20140309211620j:plain
f:id:kjaerholm:20140309211622j:plain
f:id:kjaerholm:20140309211624j:plain
通常版アダムと並べて。



f:id:kjaerholm:20140309211623j:plain
Toxin Remix同士。



f:id:kjaerholm:20140309211626j:plain
最後に4体揃って。以上、ランブルモンスターズよりAdam & A-A-Answer Toxin Remixでした。
先に言っておきますがアダムシリーズの決定版です。わたしはマーブル成形好きを自負しておりますが、贔屓目抜きにして、この2体以上にマーブル成形が似合うソフビは思い当たりません。それほどのはまり具合です。

モチーフのリンゴらしい赤を残しつつ、マーブル模様として黒を混ぜ込むことで、キャラクターの雰囲気は様変わり。もともとアダムはAwakingシリーズに属しているため、日常と非日常の中間に位置するようなキャラクターでしたが、今回のカラーリングによって、一層日常から離れ、むしろ非日常から日常へ侵食してきた(攻め込んできた)キャラクターのような印象に一変しました。実に毒々しく禍々しい。そのダークな雰囲気は圧倒的な存在感を放っています。

アダムはメディコムトイベアブリックのように、キャンバスにもなることができるキャラクターだと勝手に思っていたため、どのようなカラーリングが飛び出すか日々楽しみにしていたのですが、まさかこんな形で決定版に出会えるとは思いませんでした。しかし、繰り返しになりますが、そのキャンバスとしての可能性は無限大です。今後どのようなカラーリングが展開されるか非常に楽しみ。また違う色のマーブルも見てみたいし、全く違う角度から施された彩色も見てみたい。まだまだ次が気になるソフビです。