読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コジカトイズ (COJICATOYS) 一本角怪獣 モノクロン

f:id:kjaerholm:20140506180343j:plain
怪獣ソフビ大好き人間がソフビ好きをこじらせて作ったソフビメーカー、コジカトイズ。デビュー作品がこの一本角怪獣モノクロンです。種類はキイロフタバ。こう見えて体重は1万6千トン。体長は48m。



f:id:kjaerholm:20140506180344j:plain
f:id:kjaerholm:20140506180345j:plain
f:id:kjaerholm:20140506180346j:plain
モチーフはトリケラトプス、というよりその成体とも言われるトロサウルスかな?

f:id:kjaerholm:20140506180347j:plain
つぶらな瞳と可愛らしい口がすてき。



f:id:kjaerholm:20140506180348j:plain
ソフビらしくデフォルメされたボディ。



f:id:kjaerholm:20140506180352j:plain
f:id:kjaerholm:20140506180349j:plain
お座りポーズも可能。


f:id:kjaerholm:20140506180351j:plain
f:id:kjaerholm:20140506180350j:plain
以上、COJICATOYSより一本角怪獣モノクロンでした。「怪獣ソフビ大好き人間がソフビ好きをこじらせて作ったソフビメーカー」という謳い文句のコジカトイズさんですが、そのクオリティは趣味でつくったものとは到底思えない、ファンメイドを越えたものになっています。それもそのはず、コジカトイズのHIRAMOTO KAIJU氏の本業はイラストレーターということで、素人とは一線を画す確かなデザインと造形、仕上がりになっています。

肝心のモノクロンですが、モチーフは一般的な恐竜、加えて元のデザインから大きく逸脱していないため、一見すると実にシンプル。人によっては面白みがないと感じるかもしれません。しかし、実際手にとって見るとそのような印象は直ぐに払拭されてしまいます。
シンプルながらも考え抜かれたデフォルメ、そして細い腕に代表される特徴的なボディバランス、愛らしい顔つき、手頃なサイズ感。きっと手にした多くの人はその魅力にコロリとやられてしまうことでしょう。加えて、前述の通りファンメイドを越えた素晴らしいクオリティ。丁寧な造形、塗装からは、個人メーカーの一作目(カラバリは既に複数出ていますが)とはとても考えられません。ただただ凄い。

もともとデザイン関係に精通されていたというアドバンテージもあるでしょうが、それを抜きにしても実にこだわり抜かれた素晴らしい製品だと思います。とにかく気に入った!その一言につきます。



補足としまして、公式サイトに記載されているモノクロン(キイロフタバ)の設定をご紹介。

頭の模様は双葉のよう。地中にあるとされる恐竜大陸に住んでいる。2匹でいることが多く、至って温厚な性格。バナナが大好物。胸の赤い蓄電袋には電気を溜めることができ、銀色の角からは100万ボルトの電気を放電する。

ピカチュウか!