読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イルイル 異次元怪獣ビラト

TOY ソフビ iluilu

f:id:kjaerholm:20140506180118j:plain
イルイルより異次元怪獣ビラトです。4月27日に開催されたスーフェス65にてリリース。イルイルさんの物販は昨年のスーフェスでうんざりしたので、1年ちょっとぶりの直接購入でございます。



f:id:kjaerholm:20140506180119j:plain
f:id:kjaerholm:20140506180120j:plain
f:id:kjaerholm:20140506180121j:plain
後頭部は開口。夢という名のスポンジが詰まってます。


f:id:kjaerholm:20140506180122j:plain
ご尊顔。赤目です。



f:id:kjaerholm:20140506180123j:plain
「ビラト」という名前から連想されるとおり、胸部には異次元のトビラと鍵穴のようなモチーフが見られます。身体を覆っているのはローブでしょうか。



f:id:kjaerholm:20140506180127j:plain
こちらがセットの首領ゾルファール。


f:id:kjaerholm:20140506180128j:plain
f:id:kjaerholm:20140506180130j:plain
底部。


f:id:kjaerholm:20140506180129j:plain
頭頂部。



f:id:kjaerholm:20140506180124j:plain
f:id:kjaerholm:20140506180125j:plain
f:id:kjaerholm:20140506180126j:plain
ビラトの仮の中身。


f:id:kjaerholm:20140506180132j:plain
f:id:kjaerholm:20140506180134j:plain
f:id:kjaerholm:20140506180131j:plainf:id:kjaerholm:20140506180135j:plain
合体!



f:id:kjaerholm:20140506180136j:plain
後頭部には口があるように見えます。


f:id:kjaerholm:20140506180138j:plain
f:id:kjaerholm:20140506180137j:plain
f:id:kjaerholm:20140506180139j:plain
ファッファッファー


f:id:kjaerholm:20140506180141j:plain
似たもの同士。ブロッパスのドクガンと。



f:id:kjaerholm:20140506180142j:plain
侵蝕怪獣ビニダムと並べて。



f:id:kjaerholm:20140506180143j:plain
頭脳兵器ゲルツとの対決。



f:id:kjaerholm:20140506180140j:plain
以上、iluiluより異次元怪獣ビラトでした。イルイルさんとしては二弾目の怪獣ということになるのでしょうか。どちらかというと怪獣というより怪人といった趣きのある造形になっています。
正直に言って、初めはブロッパスさんのドクガンに似ているなあという印象であまりピンときていませんでしたが、いざ弄ってみると毎度のパッケージも含めた丁寧な作りに加え、首領ゾルファールとの合体ギミックなど、イルイルさんらしい遊び心とアイデアに溢れた楽しい製品になっています。いや、単純に出し入れするだけなんですけど合体ギミックが本当に楽しいんですよ。ありきたりなように見えるデザインも、見れば見るほど味が出てきて今となってはお気に入りです。

ちなみにビラトの設定は次の通り。

ビラトは、物体はおろか空間をも引き裂く恐ろしい怪獣だ。お腹の異次元ドアはあらゆる場所とつながっていて、ZOLVのアジトにも通じているんだ!

いやー、次のリリースはメディコムさんの通販になると思いますが、あちらのカラーも非常に楽しみ。



最後に、ちょっとだけスーフェスについて。今回のイルイルさんブースは抽選販売方式となり、会場数分後から列に並んだ順番でくじ引きが行われました。1年前と同様にディーラー列と一般入場者列の二つに分けられ、交互に抽選クジを引き、当たりが出ると好きな商品を1点購入できる仕組み。しかしUZUMARK名義のショッキングKAKUMEIキャンデーも同時リリースということで、ディーラーの方々の多いこと多いこと。通常の販売方式だったら、全てディーラーにもっていかれたことでしょう。加えて、今回はひとり1会計につき1点までの制限がありましたので、販売点数が少ないながらも、多くの人に抽選のチャンスがありました。

翻って、わたしも当時苦言を呈した1年前の混乱時と比較すると、非常に進歩が見られた販売方式だったと思います。初めから今回みたいな方法を採ってほしかったところですが、今は素直にイルイルさんグッジョブと言っておきたいと思います。

本音を言えばもっとたくさん作ってくれるとありがたいのですが、そのあたりはメーカーさんのキャパや方針がありますし、特にイルイルさんの製品は大量生産には向いていませんから、あまり言及しても詮無いことかと。

ちなみに、本命はショッキングKAKUMEIキャンデーでしたが残念ながら買えませんでした!こればっかりは自分のくじ運の無さを呪うしかありませんが、是非再販をお願いしたいところ。