読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアルヘッド 太陽の父さん

f:id:kjaerholm:20140920205721j:plain
リアルヘッドより太陽の父さんです。


f:id:kjaerholm:20140920205722j:plain
f:id:kjaerholm:20140920205719j:plain
オスマンシリーズ共通ボディ。


f:id:kjaerholm:20140920205720j:plain
頭部のモチーフは岡本太郎の「太陽の塔」だと思われます。真頭玩具から取ったであろう額の「真」の文字が光ります。


f:id:kjaerholm:20140920205717j:plain
f:id:kjaerholm:20140920205718j:plain
左右側頭部からは別の生物が。Jr.でしょうか。

f:id:kjaerholm:20140920205716j:plain
後頭部には「コラッ!!」の文字が。何故だかキルラキルを思い起こしました。



f:id:kjaerholm:20140920205715j:plain
f:id:kjaerholm:20140920205714j:plain
f:id:kjaerholm:20140920205712j:plain
太陽の父さんには息子がおりまして。その名も太陽のマイサン。


f:id:kjaerholm:20140920205713j:plain
親子の戯れ。



f:id:kjaerholm:20140920205711j:plain
そして合体。




f:id:kjaerholm:20140920205710j:plain
f:id:kjaerholm:20140920205708j:plain
f:id:kjaerholm:20140920205706j:plain
f:id:kjaerholm:20140920205707j:plain
f:id:kjaerholm:20140920205709j:plain
コラッ!!


f:id:kjaerholm:20140920205705j:plain
以上、リアルヘッドより太陽の父さんでした。カオスマンシリーズはどちらかというとクールでダークなキャラクターが多い印象ですが、この太陽の父さんはクールな印象を残しつつもどこかコミカルな要素を持ち合わせており、初見でのインパクトは相当なものがありました。コミカル要素という点では、マキシマムフライダーに近いかな?

本製品は前述の通り、岡本太郎太陽の塔がモチーフになっていると思われることから、白の成型色が非常にしっくりきます。スタンダードカラーと言えるのではないでしょうか。加えて、拭取り塗装が施されることによって、より彫像のような雰囲気が強まり、動く彫像といった感じに。実に力強い存在感です。

個人的にカオスマンシリーズは白成型色に拭取り塗装がベストマッチだと思っているので、そのカラーに相応しい存在感のあるキャラクターが産み出されたことがとても嬉しい。複数のカラバリ品をずらっと並べたくなってきてしまいます。しかし太陽の塔がこんな形にアレンジされるなんて。リアルヘッドさんの想像力には脱帽です。カオスマンシリーズの可能性は無限大ですね。今後の展開が益々楽しみです。