読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIROCKTOY DR.ミロクセット ネオチタニウムコーティングカラー

f:id:kjaerholm:20141229150429j:plain
ミロクトイのドクターミロクシリーズよりネオチタニウムコーティングカラー。組み合わせは発売時と異なりますのでご注意を。


f:id:kjaerholm:20141229150419j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150417j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150416j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150415j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150414j:plain
まずはDR.ミロク。足の生えたトコトコミロクさんです。黒がベースとなったカラーリング。漆塗り仏像のようなイメージが素敵過ぎます。


f:id:kjaerholm:20141229150423j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150422j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150420j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150421j:plain
続いてドクターミロク本体。かん着の都合上、組み替えが出来ないので割といつも持て余します。



f:id:kjaerholm:20141229150426j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150424j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150425j:plain
三天王オング。なんとなくマリオに出て来るドッスンみたいな感じ。



f:id:kjaerholm:20141229150413j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150412j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150410j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150411j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150408j:plain
乗っ取り邪鬼タンク。乗っ取り邪鬼はどの組み合わせでも様になる万能鬼さんです。



f:id:kjaerholm:20141229150409j:plain
そしてドクターミロク本体以上に持て余す、でも単独で凄い存在感をいつも放ってくれるミロクアタック。



f:id:kjaerholm:20141229150428j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150427j:plain
最後はミロクロケット完全版邪鬼つぶし。とにかく長い。



以下は適当に。
f:id:kjaerholm:20141229150406j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150407j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150405j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150404j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150403j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150402j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150400j:plain
f:id:kjaerholm:20141229150401j:plain
以上、ミロクトイよりドクターミロクネオチタニウムコーティングカラーセットでした。今回のセットはネーミングから察するに、金属的なイメージのカラーだと思われますが、黒を基調とした漆塗りのような雰囲気も併せ持っており、仏像好きとしては非常に嬉しい色合いです。

個人的には墨入れが施されたカラーリングが好きなのですが、このネオチタニウムコーティングカラーの美しいスプレーワークとツボを押さえたポイント塗装による、重厚且つ密度感のある表現も本当に素晴らしいですね。

今回はフルセットで購入できたため、敢えてリリース時とは異なる組み合わせで写真を撮ってみました。こうやって色々と組み換え遊びができるのも本シリーズの魅力の一つ。どの組み合わせも甲乙つけがたく、毎度どの形態で飾るべきか迷うのが悩ましいところです。

最近はリリースペースも速まっており入手しやすくなったのもファンとしては嬉しいところですね。引き続き(お財布と相談しながら)全力で追っかけたいシリーズです。