読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIROCKTOY DR.ミロクセット アニメカラー

f:id:kjaerholm:20150502123640j:plain
ミロクトイのドクターミロクシリーズより、アニメカラー版の紹介。まずはドクターミロク。


f:id:kjaerholm:20150502123639j:plain
f:id:kjaerholm:20150502123638j:plain
f:id:kjaerholm:20150502123637j:plain
アニメカラーと冠するとおり、赤青黄の三原色が映えます。



f:id:kjaerholm:20150502123635j:plain
アニメロボのような白いお顔立ち。そして何より墨入れが立体の深みと魅力を引き立てています。



f:id:kjaerholm:20150502123636j:plain
トコトコ部分は墨入れ無し。個人的には全身墨入れしてほしかったかも。




f:id:kjaerholm:20150502123633j:plain
f:id:kjaerholm:20150502123634j:plain
物凄い存在感。




f:id:kjaerholm:20150502123617j:plain
f:id:kjaerholm:20150502123616j:plain
f:id:kjaerholm:20150502123615j:plain
f:id:kjaerholm:20150502123613j:plain
ドクターミロク本体。1パーツながら塗装に抜かりなし。凄いです。もう一度言いますが凄いです。




f:id:kjaerholm:20150502123612j:plain
ドクターミロクと本体と。




f:id:kjaerholm:20150502123632j:plain
f:id:kjaerholm:20150502123630j:plain
f:id:kjaerholm:20150502123631j:plain
f:id:kjaerholm:20150502123629j:plain
続いて乗っ取り邪鬼タンク。こちらも墨入れが最高。



f:id:kjaerholm:20150502123626j:plain
f:id:kjaerholm:20150502123627j:plain
f:id:kjaerholm:20150502123628j:plain
ドクターミロクを取り込んだ(乗っ取った)ようなデザインはキュビズム的で360度どこから見ても楽しいですね。



f:id:kjaerholm:20150502123625j:plain
f:id:kjaerholm:20150502123624j:plain
f:id:kjaerholm:20150502123622j:plain
f:id:kjaerholm:20150502123623j:plain
三天王ホッピング邪鬼つぶし。こちらは墨入れ無し。カラーリングは凄く良いのですが、墨入れが無かったのが少し残念。



f:id:kjaerholm:20150502123621j:plain
f:id:kjaerholm:20150502123620j:plain
f:id:kjaerholm:20150502123619j:plain
f:id:kjaerholm:20150502123618j:plain
ミロクロケット。個人的に今回のベスト。底部のレモンイエローが最高に映えます。そして墨入れやメタリックブルーのスプレーワークも際立ってかっこいい。


f:id:kjaerholm:20150502123614j:plain
そしていつもながら小さいけど奇抜なミロクタンク。



f:id:kjaerholm:20150502123611j:plain
この高低差も魅力の一つ。



f:id:kjaerholm:20150502123610j:plain
最後に全員集合。以上、ミロクトイよりDR.ミロク アニメカラーセットでした。今回のカラーリングは前述の通り赤青黄に加え王道の白を基調としたまさにロボットアニメの定番とも言うべきものになっています。しかしそこはミロクトイさん。墨入れを加えることで、ただのポップな色合いになることを避け、非常に重厚な雰囲気に仕上がっています。

やはり複雑な造形で彫刻的なドクターミロクシリーズには墨入れがよく似合いますね。仏ですし。ポップ且つ重厚、まさにアンビバレントな概念が両立している素晴らしいカラーリングと言えるのではないでしょうか。

あくまで個人的にですが、これまでのシリーズの中でベストカラーだと思っています。是非同じカラーパターンでOG-ATと鞍馬ホウシ、ミロクローンコンピュータやマッシヴアタックも見てみたいところ。