読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAWS COMPANION (RESTING PLACE)

TOY ソフビ KAWS

f:id:kjaerholm:20121013230214j:plain
KAWSの新作はまたまたCOMPANION。今回はRESTING PLACEという名を冠す通り、リラックスして座っている姿になっています。販売はいつもと同じく公式ストアのORIGINAL FAKEにて。




f:id:kjaerholm:20121013230216j:plain
f:id:kjaerholm:20121013230215j:plain
くつろぐにも程がある。




f:id:kjaerholm:20121013230218j:plain
f:id:kjaerholm:20121013230217j:plain
f:id:kjaerholm:20121013230219j:plain
相変わらずのDamien Hirst的な人体模型。




f:id:kjaerholm:20121013230220j:plain
f:id:kjaerholm:20121013230221j:plain
f:id:kjaerholm:20121013230222j:plain
いえーい。ということで腕部の可動を活かしてブレイクダンスをしているようなアクロバティックなポージングを取ることも可能。支え無しで安定した自立をします。いや、倒立か。




f:id:kjaerholm:20121013230225j:plain
通常のコンパニオンと並べて。




f:id:kjaerholm:20121013230224j:plain
f:id:kjaerholm:20121013230223j:plain
以上、KAWS COMPANION (RESTING PLACE)でした。価格については色々と思うところがありますが、人体コンパニオンは好きなのでこういったバリエーション展開は素直に嬉しい。心成しか、以前のコンパニオンより品質も向上しているような気がします。
しかしこのくつろぎ加減は秀逸ですね。造形の巧さによるものでしょうか。観ているだけでなんだか和みます。
一時期KAWSのフィギュアはコンパニオンに限らず異常な高騰をしましたが、最近はかなり落ち着いたみたいですね。まあこれだけ不況が続くと、フィギュアに高いお金を出す人も減るでしょうし。アートシーンが盛り上がるためには景気が好転することが必須条件となるのですが、世界的に観てもそんな状況は望めない昨今。是非アーティスト皆々様におかれましては、貧しさから来る絶望やルサンチマンを燃料に素晴らしい芸術作品を生み出してほしい、という発言は今の時点では冗談になりますが、今後現実味を帯びないことを祈るばかりです。