読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアルヘッド × Paulkaiju ジンクスマン

f:id:kjaerholm:20131104165218j:plain
リアルヘッド×Paul kaijuのジンクスマンです。9月に開催された森フェスにて初御目見え。




f:id:kjaerholm:20131104165219j:plain
f:id:kjaerholm:20131104165220j:plain
f:id:kjaerholm:20131104165221j:plain
f:id:kjaerholm:20131104165222j:plain
f:id:kjaerholm:20131104165223j:plain
こちらの古代文明の彫像のような頭部がポールカイジュウ氏デザイン。首周りに吹かれたゴールドが良いアクセントになっています。



f:id:kjaerholm:20131104165224j:plain
f:id:kjaerholm:20131104165225j:plain
ジンクスマンオリジナル腕部のカニバサミ。なんと2パーツで可動します。これは素晴らしい。





f:id:kjaerholm:20131104165226j:plain
f:id:kjaerholm:20131104165227j:plain
f:id:kjaerholm:20131104165228j:plain
やはりカオスマンシリーズはたまらん。



f:id:kjaerholm:20131104165229j:plain
化けノ富士を捕まえた!!




f:id:kjaerholm:20131104165230j:plain
ムーン!ということでリアルヘッド×Paulkaijuのジンクスマン、ファーストカラーでした。このジンクスマンはポールカイジュウ氏のオリジナルキャラクターであるKing Jinxをカオスマンシリーズに合わせてリデザインしたものだと思われます。頭部や腕部はKing Jinxの意匠が色濃く残っていますが、カオスマンのフォーマットに落とし込むにあたって、かなりのアレンジが施されたことが伺えます。
このアレンジセンスには正直唸らされました。だってもとのKing Jinxのデザインはまさに異形の極みで、とてもカオスマンのボディに合わせる事ができるなんて思えないぐらい強烈な代物ですから。カオスマン化するにあたってバタ臭いデザインの角が程よく削られ、デザインとして整った(完成された)というのが個人的な印象。

また、先にも触れたように、まるで古代文明の神(の彫像)のような異形な井出たちであるため、リアルヘッドさんの十八番である拭取り塗装が実に映えているのも好印象。加えてヒロイックな原色系のカラーリングが実にまぶしい。ちょっと胸の墨入れが弱い筐体に当たってしまったのは残念ではありますが、そんなことは気にならなくなるほど異彩を放っています。

さらに、今回追加された玩具的なギミックも大変興味深いです。購入時にはまさかハサミ部分が可動するとは思いもよらなんだ。おかげで色々なものがはさめるので遊び甲斐があります。玩具としては当たり前なギミックかもしれませんが、こういうソフビでは珍しいギミックなのでちょっとお得な気持ちに。

ということで見所の多いジンクスマン、今後の展開が非常に楽しみです。しかしまあカオスマンシリーズの懐の広さはまるで大海のようですなあ。