読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアルヘッド×ランブルモンスターズ モヒカントルーパー

f:id:kjaerholm:20140920205735j:plain
REALHEAD×RUMBLE MONSTERSのモヒカントルーパーです。



f:id:kjaerholm:20140920205734j:plain
f:id:kjaerholm:20140920205732j:plain
リアルヘッド謹製モヒカントルーパーをランブルモンスターズが塗装&アレンジ。


f:id:kjaerholm:20140920205733j:plain
ガンダムを思わせる頭部の色分け。


f:id:kjaerholm:20140920205730j:plain
拭取り塗装によるウェザリング&墨入れ。


f:id:kjaerholm:20140920205731j:plain
そして最大の特徴であるスカッドパーツ。ランブルモンスターズ謹製のパーツです。


f:id:kjaerholm:20140920205727j:plain
f:id:kjaerholm:20140920205729j:plain
f:id:kjaerholm:20140920205728j:plain
f:id:kjaerholm:20140920205726j:plain
スカッドパーツのおかげでポーズの幅が広がります。


f:id:kjaerholm:20140920205723j:plain
同じスカッドパーツを有したチェイサーと。


f:id:kjaerholm:20140920205725j:plain
以上、リアルヘッド×ランブルモンスターズのモヒカントルーパーでした。リアルヘッドさんとランブルモンスターズさんはともに、オリジナルソフビ業界の重鎮といっても過言ではない長いキャリアがありますが、これまでコラボレーションのようなものはほとんど無かったと記憶しています。そのため、両メーカーのコラボ製品がリリースされると聞いたときは本当に驚きました。いやまさかと。ついにこの日が来たのかと。

実際リリースされた本製品を見ると、コラボレーションによる相乗効果が見事に発現された素晴らしい仕上がりになっていることが分かります。ベースはリアルヘッドさん謹製のモヒカントルーパー。もともとモヒカントルーパーは、その名の通り中に人が入った歩兵のイメージでしたが、ランブルさん謹製のスカッドパーツと塗装が加わることで、リアルロボットのような趣に。コラボレーションによって新たなエッセンスが加わえられることで、キャラクターの魅力が引き出されたという点で、本企画は大成功だったと言えるでしょう。また、セブンプロトタイプを思わせる淡いオレンジがかった繊細な赤色も個人的には気に入っているポイント。

ランブルモンスターズさん謹製のファラオス、ダムドロン、キングバップドラゴン、ヘルバップドラゴンをリアルヘッドさんが塗装したバージョンもあったようですが、こちらは残念ながら未入手。ネットの写真を見る限り、モヒカントルーパーと同じく実に素晴らしい出来栄えだったようなので残念極まりないですが、またいつかコラボしてくれることを期待して待ちたいと思います。