読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZOLLMEN ミニゾフビ2

f:id:kjaerholm:20131104165030j:plain
f:id:kjaerholm:20131104165031j:plain
ZOLLMENよりまさかのミニゾフビ第二弾。まずは隻腕の女性。


f:id:kjaerholm:20131104165032j:plain
f:id:kjaerholm:20131104165033j:plain
続いてベロだしの任侠風男性。



f:id:kjaerholm:20131104165034j:plain
f:id:kjaerholm:20131104165035j:plain
何かのおっさん。



f:id:kjaerholm:20131104165036j:plain
f:id:kjaerholm:20131104165037j:plain
骸骨風。頭部がケロイド状に溶けてる?



f:id:kjaerholm:20131104165038j:plain
f:id:kjaerholm:20131104165039j:plain
七三わけ。




f:id:kjaerholm:20131104165040j:plain
f:id:kjaerholm:20131104165041j:plain
そして最後にシークレット。



f:id:kjaerholm:20131104165042j:plain
こんな感じで上下に身体を分離しても楽しめる仕様。内臓最高。ちなみに自立不可。ということで朽ち果てたゾンビとして楽しむべきかと。



f:id:kjaerholm:20131104165044j:plain
ちなみに頭部が別パーツとなっており、首をグリグリと回すことができます。豪華3パーツ構成。



f:id:kjaerholm:20131104165045j:plain
第二弾勢ぞろい。


f:id:kjaerholm:20131104165046j:plain
ダブりも一緒に。



f:id:kjaerholm:20131104165047j:plain
最後に第一弾と第二弾をまとめて。以上、ZOLLMENのミニゾフビ2でした。まさか第二弾が出るとは思わなかったミニゾフビ。素晴らしいチープ感は健在。そして今回も成型色が複数あって実に豪華。やっぱりこれだけたくさんの成型色を揃えるとなると、普通の生産ではロットが合わないとしか思えないので、ソフビ工場の余ったゾルでも転用させてもらっているのでしょうか。この多彩な成型色はミニゾフビの魅力の一つなので、第三弾リリースの暁には是非継続して欲しいところ。

ちょっと残念だったのが複数買いしたもののブラインド仕様だったためフルコンプならずだったということ(シークレットが出ただけマシという見方もありますが)、また、ちょっと第一弾と比べると新鮮味が欠けておりマンネリ化しちゃったことの二点。基本的に大好きなシリーズなので第三弾が出たらもちろん買うのですが、今度はもう一捻り欲しいかもしれません。