読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶたのはな ガチャガチャ ポンちゃんシリーズ

TOY ソフビ ぶたのはな

f:id:kjaerholm:20120408000507j:image
ビリケン商会で開催された『大・宇・宙・人・展  銀河の果てへ連れてって』に設置されたガチャガチャで発売された、ぶたのはなのミニミニソフビ「ポンちゃんシリーズ」。まずは隊員。


f:id:kjaerholm:20120408000508j:image
f:id:kjaerholm:20120408000316j:image
ぶたのはなの大橋重信氏が描いた絵本『じてんしゃきこきこ』に登場したキャラクター。ガーガメルさんでもエス隊員の名前でソフビ化されましたね。あれフルカラー版でリリースしてくれないかな。



f:id:kjaerholm:20120408000522j:image
ミニミニソフビということでサイズはこんな感じ。2パーツ構成です。



f:id:kjaerholm:20120408000513j:image
f:id:kjaerholm:20120408000514j:image
f:id:kjaerholm:20120408000315j:image
続いて同じく『じてんしゃきこきこ』に登場するいちご。いちご星人といったほうがいいのかな。いかした宇宙人です。



f:id:kjaerholm:20120408000511j:image
f:id:kjaerholm:20120408000512j:image
f:id:kjaerholm:20120408000317j:image
今回の主役であろうポン。『じてんしゃきこきこ』に登場します。猿。



f:id:kjaerholm:20120408000515j:image
f:id:kjaerholm:20120408000516j:image
f:id:kjaerholm:20120408000314j:image
『じてんしゃきこきこ』4体目はたこ。成型色もマッチしていますね、たこだけに。良い味が出ています。





f:id:kjaerholm:20120408000509j:image
f:id:kjaerholm:20120408000510j:image
f:id:kjaerholm:20120408000318j:image
大橋重信氏の絵本『ふとったのかなぁ』より、ぶたです。そのままぶたです。ぶたのはなさんの看板キャラクター、かもしれません。



f:id:kjaerholm:20120408000517j:image
f:id:kjaerholm:20120408000518j:image
f:id:kjaerholm:20120408000319j:image
f:id:kjaerholm:20120408000321j:image
そして今回の本命。ザリガニです。『ふとったのかなぁ』に登場。裏側の造りこみも良い!




f:id:kjaerholm:20120408000506j:image
最後に並べて。以上、ぶたのはなのポンちゃんシリーズでした。このサイズのミニソフビとしては、以前リリースされたじゃんけんバトルに続く第二弾といったことになるのでしょうか。今回は全てぶたのはなさん(大橋重信氏)のオリジナルキャラクターということもあり、ファンにとっては必携のラインナップになっています。
もともと柔らかい造形が魅力のぶたのはなさんですが、ご自身が描かれたオリジナルキャラクター自身が持つ柔らかさも今回加わったことで、何とも言い難い魅力を放っています。ミニミニソフビとしてのサイズ感と造形とデザインが絶妙にマッチしているといいますか。個人的にはザリガニを推したいです。こんな可愛いザリガニは見たことが無い。そしてザリガニをソフビ化しちゃう心意気も素敵。名前もザリガニそのまんまですし。
今回はビリケン商会の作品展の傍らで販売という特殊な形をとったため、入手できなかった人も多かったと思います。特に地方の方はまず無理だったでしょう。とても魅力的な製品なので、是非様々なイベント等で日の目を見ることを期待しています。
ちなみに今回は1回500円のガチャガチャということで、残念ながらフルコンプとまではいきませんでした。あと1体、“くま”が出ず。ガチャガチャって種類が揃うほどダブる率も上がってきますから、最後の1体が出るまで回すのは相当の覚悟がいるんですよね。