読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆたり ソフビースト 流星人間ゾーン ガロボーグ

TOY ソフビ ゆたり

f:id:kjaerholm:20130216211015j:plain
ワンフェス戦利品第四弾。ゆたりのソフビーストシリーズより『流星人間ゾーン』のガロボーグです。



f:id:kjaerholm:20130216211016j:plain
f:id:kjaerholm:20130216211017j:plain
非常に長い尾が特徴的。




f:id:kjaerholm:20130216211018j:plain
f:id:kjaerholm:20130216211019j:plain
頭部の透明フードは取り外し可能。脳のような眼のような部分が露に。



f:id:kjaerholm:20130216211020j:plain
頭部に接続されているチューブも大変好みでございます。もちろんチューブの部分は別パーツ。



f:id:kjaerholm:20130216211021j:plain
そしてこの尾の部分。よく一発で抜けたなと感心。




f:id:kjaerholm:20130216211024j:plain
f:id:kjaerholm:20130216211025j:plain
腕部は無理やり回転可能。どうもこのパーツがきちんと嵌らないんですけど、あまり気にならないといえばならない。



f:id:kjaerholm:20130216211027j:plain
お気に入りのボグラと並べて。




f:id:kjaerholm:20130216211022j:plain
f:id:kjaerholm:20130216211023j:plain
f:id:kjaerholm:20130216211026j:plain
以上、ゆたりのガロボーグでした。正直言って『流星人間ゾーン』を視聴したことは全く以って無いわけなのですが、それでもこのガロボーグは一目惚れ。前回のワンフェス初販では残念ながら購入できませんでしたが、今回無事バリエーションを購入するにいたりました。このホワイトカラー以外に、ラメ成型のものとブラック成型のものがリリースされましたが、個人的にはこのポップなカラーリングがベストだと思っています。

このガロボーグの何が素晴らしいって、改造メカ的な要素と宇宙人的要素、そして脳味噌むき出し+透明フードというSF的な要素の全てが詰まっており、個人的には完璧なデザインなのです。その完璧なデザインをゆたりさんが見事に立体化。ソフビにするには複雑なデザインですが、『流星人間ゾーン』に登場する数多の恐獣をリリースしてきたゆたりさんですから、安心のクオリティに仕上がっています。置き場所の問題で大きいソフビは敬遠するようになってきましたが、今回に限っていえばこの巨大なサイズ感もたまりません。

『流星人間ゾーン』は当然ながら版権ものであるため、ゆたりさんのソフビーストシリーズを入手できる機会はワンフェスに限られてしまうのが辛いところですが、デストロキングやジキロにも大変惹かれるものがありますので、ボチボチと集めていければと思っております。